×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ノイズ侍斬られて候



右端の女子「きゃーなにあいつーキモーイ」












私は憤慨しておった。

それは、もう、激烈に、怒っておったのです。

何をそんなに怒っているのだい、と聞かれればへらへらと曖昧に笑うしかないのですが、
とにかく、怒っていたのですよ、それはもう、阿修羅の如く。セガールの如く。



私の怒りは三千大千世界を覆いつくし、果ては地獄の使者をも呼び寄せる。






右にピカチュウ金剛!

(ピカチュウがゲームボーイを弄っているとはなんたる皮肉か)









左にモトム金剛!

(出番の直前まで女の子を口説いていた)













彼らの不協和音が場を制圧し、周囲は地獄と化した。

時は満ちた!いざ行かん!

我を崇めよ!

我を讃えよ!

畜生共の神が降臨する!



















「あああああああああああああああああああああ!!!!!」



「ふぃじゅくぎゃぎやあがあばべらずぅぅがぁぁ!!!!!」



「みぎぎぃぃぃいいいやあああああああああああ!!!!!」



「はぁーーっ!はぁーーっ!ひぃぃやぁぁぁぁぁ!!!!!」











・・・・・・・・・・・











神は何を言っているのかわからなかった。













いや、自分だけど。



















私は神であっても畜生共の神であるので、私を崇める者の末路は当然畜生道である。

そして、私は生贄を所望する!


今宵の生贄は・・・・!











・・・・・・・・・・・












CanCam4月号
特集:春のファッション大革命





















生贄のエビちゃんとちゅーする神














がああああ!ブッ殺す!
堕ちろ!畜生道へ堕ちろ!











この後神は自身の御手をもかっ裂いてしまい、大層痛がっていたそうな。











・・・・・・・・・・・












「告知でーす今度ライブしまーす♪」









しーん






back